未分類

結婚式までに 考えておきたいお金のこと。

こんばんは。

武田です。

 

結婚が決まると、見えてくるお金のこと。

今日は、結婚式までに

考えておきたいお金のことについて

お伝えしていきますね。

 
結婚式だけでも、数百万かかるのに
新婚旅行、新居、結納、
結婚式以外にも、お車代や宿泊代なども
かかってきますよね。
 
 
 
急に結婚が決まった方や

貯金はそんなに出来ていなかった・・・
 
 
 
という方は特に不安が多いのでは
ないでしょうか?
 
 
かと言って、誰にでも相談できるわけではない・・・
 
 
ネットで見ても

たくさんの情報の中から自分たちに合う内容で

考えるのは、とても難しいのです・・・
 

結婚式も大切なことですが、

お式の後も幸せでいただくことが

私からのお願いです。

では、いきますね!!

まず、最初にして欲しいことは、

自分たちはいくらであれば出せるのか。

お二人で相談して、

いくらなのかをまず決めていただきたいのです。

データによると、結婚式の平均費用は300〜350万円となります。

そうなんだ‥!と真に受けて、

結婚式の予算をその300万と考えてしまう方もおります。

 

300万円もかけられない…!!

でも、ちょっと待ってください!!!

 

 

そもそもその金額はお二人に

あってはまっていますか?

 

 

そもそも、人数は何人くらいになるのか。

それは全てご友人?

職場やご親族も参加されますか?

いただけるお祝い金のご祝儀が変わってきます。

親族ですと、ご友人より多く包んでくださることが多いです。

なので総額の相場を知ったところで

意味がないのです。

結婚式の予算は、世間のデータからではなく、

お二人のお金事情から割り出すことが正しい。

例えば、お二人で50万円づつ

計100万円結婚式の費用をかけられたとします。

ここでご両親からの援助や、

ご祝儀がプラスで考えられる部分です。

例えば双方のご両親から計100万円の援助。

ご祝儀は…

ご親族であれば5万、ご友人出れば3万。
(地域によって変わってきます。)

親族が10世帯、ご友人が40名だとすると

50万+120万の170万となります。

合計すると、100万+100万+170万の370万。

結婚後は引越しや

お式後の新婚旅行が大きな費用として

かかってきます。

私はもはや見慣れてしまったのですが、

結婚式の見積書はとても細かい項目になっています。

  
本当に正統な見積もりなのかどうかは

最近の会場の中にはグレーな部分もあるようで

注意が必要だったりもします。

 
本当は必要のないものが入っていたり
値引きされているけど、最終的には
最初の見積もり程とても上がったり・・・

 
 
知らなかった・・・ということがないように

何が必要で不要なのかを、自分たちで

考えることが、これからは必要になります。
 

 
 
あくまでも、結婚式はゴールではなく

これからのふたりの生活をする上で必要な

スタートライン。
 

では、また。

 

【『お二人らしい理想の結婚式を叶える』1DAY花嫁会】

*詳細はこちらから*
https://www.reservestock.jp/events/210092

募集開始

皆様とお会いできることを楽しみにしています*


結婚式までに 考えておきたいお金のこと。” に1件のコメントがあります

コメントは停止中です。