未分類

ウェディングプランナーという仕事。

 

こんにちは。

武田です。

【『お二人らしい理想の結婚式を叶える』1DAY花嫁会】

*詳細はこちらから*
https://www.reservestock.jp/events/210092

 

 

今日は「ウェディングプランナー」について、

少し綴りたいと思います。

 

私は社会人人生、

ウェディングプランナーという
職業しか知らないと言っても過言ではありません。

だから、社会を知っているかと問われると、
偉そうなことは全く言えず、その世界しか知らない。

 

ウェディングプランナーという職業は、
とても責任ある仕事だけれど、

決して ” キツイ・キビシイだけの仕事では無い” 

 

私がこの仕事に就いたその昔、

この仕事が「どれだけやりがいのある仕事か」

ということを常に教えられていました。

だからきっと私はそれを信じて、

その先輩達を目標に、私もいつか、少しでも早く、

職業を聞かれた時に「ウェディングプランナーです!」

と、胸を張って言えるようになりたかった。

 

毎日がむしゃらでした。

「ウェディングプランナー」と胸を張って言いたかったけれど、

実際言ったところで「どういう仕事?」と、

よく聞かれたものです。笑
(これは今でも聞かれるかな。)

 

 

20代前半だった私が、社会を知らず飛び込んだ世界。
(面接で金髪ショートだった私は当時の同期によく受かったねと言われていました。笑)

 

このお仕事は本当に「責任」の重い仕事ではあります。

もともとは私も向いていたわけではないかもしれない。

だけれども先輩方や支配人が根気よく、諦めずに育ててくれたから

今の私があります。

その分、私も努力したと、それだけは胸を張って言えます。

 

 

上司に、毎日怒られないようにと必死でした。

覚えることも山ほどあって、これが社会なのか?!と、

泣きたくなるような毎日を送っていた記憶があります。

土日、婚礼のある日はごはんを食べる時間も無く、

お水を飲むこともタイミングが分かりませんでした。

だけど「それが社会人」なのだと、

当たり前にそう思っていました。

 

 

今でもそれは間違っていないと思います。

どんな職業であれ、社会人になるということは

そういうこと。

どんな仕事にも厳しいこともあり、楽しいこともある。

 

 

 

この世界に入ってしまったことが全ての始まりでした。

ウェディングプランナーという職業に魅せられた一人です。

活き活きと働く先輩方が、

キラキラ眩しかったのです。

ただただ、自分もそうなりたいと思いました。

 

 

 

上司には、宛名一つとっても「もっと綺麗に書きなさい。」と、

何度も書き直さされました。

 

電話の対応ひとつとっても、

「さっきの言葉遣いは何?!」と、いちいち怒られました。

今思えば、こんなに教育してくれる人はいません。

 

 

 

 

—ウェディングプランナーという仕事について—

 

本当に幸せな仕事だと思います。

ウェディングプランナーになって
本番が終わった後の達成感は計り知れないです。

私は世界一素晴らしい、素敵な仕事だ!!と、感じます。

 

大切なことを沢山教わりました。

沢山のお客様から。

仕事の基本は先輩方に教わりましたが、

それからは全てお客様に学ばせて頂き、育てて頂いて、

今があるのだと思います。

そしてそのお客様であるご新郎ご新婦から結婚式当日、

「ありがとうございました!!」と言ってもらえる仕事。

こんな幸せなこと、こんな幸せな仕事は無い!!!
と、本気で思いました。

 

私は、これがウェディングプランナーという
職業なのだと思います。

 

私があの時感じた「世界一幸せな仕事だ!!」という気持ちを、

 

是非沢山の人に感じてもらいたい。

もちろん今でもその気持ちは変わりません。

 

 

最後に逆を言うようですが、

もちろん、沢山学び、その努力は必要です。

 

立派な仕事では決して無いと思います。

最高に幸せな素晴らしい仕事だと思います。

 

沢山努力して、沢山知識をつけて、沢山学び、

沢山の方と出会い、幸せを感じています。

 

1年や2年ではその良さを感じるのは実は難しかったです。

始めからずっと今程大好きだったわけではありません。
(これは本当です…!)

いっぱい悩んだこともありました。

 

だけれど、これほどやりがいと幸せを掴める仕事は無い。

と、私は思うのです。

 

私はブライダル学校も卒業していなく、薬学部からの
ウェディングプランナーです。

ひとえにウェディングプランナーといっても、
人それぞれ環境はまちまち。

 

何度も、
もうプランナーは辞めよう。
もうプランナーはいい。

と思った事があります。

 

そしてフリーランスプランナーになった今、

きっとこれからの人生、

「もうプランナーはやりきった!」

と思う事は、恐らく無いと思います。

 

 

今は毎日が新しい発見と、勉強です。

一組一組が全く異なるウェディングの形で、

新郎新婦おふたりと共に、

私も始めての経験をするという事も多く、

本当に日々、知識の積み重ねをさせていただき、

向上し続ける事が出来る楽しさを味わっています。

逆に、自分自身がとても未熟だと感じる事も

多々有ります。

 

それで落ち込む事もいっぱい有ります。

 

 

 

だけど、

楽しいな〜、幸せだな〜!

と思えるこのお仕事が大好きです。

 

 

 

そう思える仕事をしながら、

沢山の素敵なお客様に出会い、

お客様によって幸せにして頂けるこの仕事は

本当に最高だと、つくづく思います。

 

 

では、また。

 

 

【『お二人らしい理想の結婚式を叶える』1DAY花嫁会】

*詳細はこちらから*
https://www.reservestock.jp/events/210092