未分類

全てに『Yes』ではないのです。必要な『No』を伝える理由。

おはようございます。

武田です。

 

独立してフリーランスになってから、

 

『お二人の為を想う』

 

ということが決断の最優先になりました。

 

言葉にすると綺麗すぎるような気もするのだけど。

 

 

 

というのも、会社勤の時は

 

会社の売上や事情を考えたらこうしなければいけない…

 

これは会社的に進められない…

 

ということはたくさんありました。

 

 

自分の中でそれはずっとずっと

 

自分にもお二人にも嘘をついているようで

 

何か心の中でモヤモヤしていたのですね。

 

 

その不満はどんどん溜まっていき、

 

なぜか私の矛先は会社でもお客様でもなく、

 

自分へ向いていきました。

 

そこで(会社とお二人の間に)挟まれ、

 

自分のことを責めていたような気がします。

 

 

 

フリーになってからは

 

悩むことはほとんど少なくなりました。

 

そういう意味では、

 

変に構えることが少なくなったんだと感じています。

 

 

優先順位が『お二人』になったから。

 

 

私にご連絡をくださるお客様は、

私のホームページやブログをチェックして

「この人って、こんな人なんだーー」と知ってくださった上で

ご連絡をくれていて、

その段階で、私の見た目や考え方が気に入らない!

という方とは出会えません。(笑)

 

だから実際にお会いするお客様は、

 

私に嫌なイメージを持っている方ではないので

 

私も安心して(?)本音をお話できます。

 

 

 

内容や条件や料金など、

 

初めから『駆け引き』前提は、

 

どうしても好きじゃなくて、

 

昔から嘘?をつくのが下手なのか、つけないのか…

 

 

 

それは『ビジネスマン』としては

 

あまり良くないのかもしれないけど、

 

裏の無い情報や条件を、

 

初めからご提示しています。

 

 

 

物を買って

 

はい、おしまいの業界ではないので、

 

お互いに気持ち良く時間を共有出来ることが

 

とっても大切だと思うんです。

 

 

そんな時間を過ごせていることが、

 

本当にありがたいです。

 

 

だから、そんな大切なお二人には

 

時として「NO」も言います。

 

なんでもOK,なんでもやりたいことを叶えてくれる!

 

という訳ではないのです。

 

 

雑誌やSNSで集めた情報は

 

現実的なものと

 

そうじゃないものがあって。

 

そういったものを含めて、

 

たくさんの情報を持っているお客様に、

 

持っている情報や希望を当日の結婚式に当てはめた場合、

 

具体的にどうなって、

 

その結果どうなるのかを

 

きちんとお伝えしなくてはいけません。

 

時にはそれが、

 

初めのお客様のご希望とは違ってくることもあります。

 

もちろん、お客様の夢や希望は最大限叶えたい。

 

でも、結果として

 

『それをしたかった目的』と

 

ずれてしまっては意味がないからです。

 

 

昔(プランナーになりたての頃)

 

YESマンになってしまった結果の失敗

 

ドキッとした経験は2度と繰り返したくないし、

 

そんな失敗は絶対して欲しくないです。

 

NOを言っても、

 

その代替案を一緒に考えていけるよう、

 

一緒に考えたいと思っていただけるよう、

 

日々努めています。

(あまり気負わない程度に。!)

 

 

 

 

では、また!