未分類

【人は、新しい環境に違和感を感じる】結婚もそう。

こんにちは。

武田です。

 

『人は、新しい環境に違和感を感じる』

 

環境を変えたい、

 

もしくは変わったとき

 

人がまず感じるのは「違和感」

 

元の環境が恋しくて

 

新しい環境に抵抗したくなる。

 

そして元の環境の方が楽だから。

 

 

これって、結婚もそうですよね。

 

望んだこととはいえ、

 

夫婦という新しい環境に身を置いたとき

 

あらゆることにきっと違和感を感じます。

 

パートナーとの違いを見つけては

 

「なにそれ!」

 

と抵抗を感じる。

 

「それ、私の常識とは違うんですけど?」

 

と思っているのは

 

お互い様だったり。

 

 

 

それを乗り越えた先に

 

「安心感」

 

が生まれるんですけどね。

 

 

結婚式の準備期間もたくさん

 

そんな時がたくさんあると思う。

 

結納や

 

挙式や

 

披露宴や

 

それに関わるいろんなことへの意見が

 

それに関わるいろんな人の間で食い違うことはよくあることで

 

この食い違いは

 

「新郎新婦のこれからを、大切に思うからこそ」だ

 

ということを忘れないで欲しい。

 

「せっかく考えたのに、親に違う意見を言われた」となると、

 

「なんで反対ばっかりするの?」

 

「どうしてそんなにうるさく言うの?」

 

と感じて

 

「もうあまり相談したくない」になり、

 

「2人で勝手に決めちゃおう」になってしまう。

 

でも、親御さんの意見というのは

 

「しきたり」とか「常識」とか

 

そういうものだけではなくて

 

もしかしたら2人は知らない

 

「親戚のお付き合い」の中でのバランスを考えたときに

 

ベストな形かもしれないし

 

それを知らないまま

 

2人の意見の通りにしたら、

 

2人が少し恥ずかしい思いをしてしまうかもしれない。

 

 

 

それを

 

「古臭い考え」とか

 

「面倒な大人の都合」とか

 

思うのはちょっと違って

 

でも誤解して欲しくないのは、

 

「全部言う通りにしなきゃいけない」んではなくて

 

きちんと意見に耳を傾けた上で

 

その意見の意味を知った上で

 

その上で自分たちがやろうとしていることが

 

「非常識」なのか

 

「2人らしい(両家らしい)スタイル」なのか

 

判断してほしいな、と思うんです。

 

結婚準備をしているうちは気付かない部分も

 

親御さんは冷静に気付いていたり、

 

だから「意見の食い違い」を

 

マイナスなこととして捉えるのではなく

 

 

新しい角度から見るチャンスだと

 

思えるといいなと思います。

 

 

そのために

 

私のような第三者を上手に使って欲しいし

 

分かっていても収まらない愚痴も

 

上手に吐き出してください。

 

新郎新婦を含めた、家族みんなが

 

「良かったな」と思える形が何なのかを考えることが最優先だから。

 

では、また更新しますね。