未分類

祖父のお米

「おじいさんのお米を使って赤飯を炊いてほしいのですが」 新郎様からのご要望でした。

7月18日にお手伝いをさせていただいたお二人のエピソード。

ご親族様中心の40名様ほどのご結婚式でした。 ご結婚式を決めてまもなく、おじい様は故人となりました。

お米はおじい様が最後に作ったお米。 このお米を使ったお赤飯を引出物のおひとつとしておもてなし致しました。

最後に、ご新郎様のご挨拶で皆様へこのことをお伝えをいただきました。

当日はおじい様のお席も設置し、お写真とグラスを置きました。

とても素適な笑顔のおじい様。 きっとあの笑顔で喜んでいるはずです。

お二人の想いはしっかり伝わります。

そして、このことを私に相談をしてくださったことをとても嬉しく思いました。

結婚式という一日は感謝を伝えられる場です。

普段伝えられない想い、 言えなかった想い、 皆様にもたくさんあるはず。

どうかその想いを伝えてほしいと 強く思います。

Le Lien
武田 歩里